中国的日常

深センのローカル度が高いエリアに行くと、地元の人間しか利用しそうもない、ファッションビル(服装市場)があって、我々外国人にとっては、ほとんど利用価値は無いが、見物している分は、なかなか面白い。

中国的日常

書店の階段で座り読み

日本にいるときは、本屋めぐりは好きだったが、中国に来て以来、すっかり、本屋へ行かなくなってしまった。まあ、日本語の本が、ないから、行っても面白くもなん

深圳

近年、深圳から香港への出入境地点の数が増え、ますます移動が便利になりました。

以下、日本人がよく使うイミグレ(口岸/こうあん)について説明します。

香港は、一応、中国です ...

深圳

深センの地下鉄は、2020年8月、新たに、6号線、8号線の2本の地下鉄が開通。

さらに、10月28日にも、8号線と他3路線が延伸され、ますますネットワーク化が進んでいます。

深圳

深圳の生みの親「鄧小平」

深圳といっても、そのイメージがピンとくる日本人は少ないかも知れません。

かくいう自分も、予備知識としては、経済特区で香港の隣りにある街