中国卓球スーパーリーグ 平野美宇、その後

卓球の世界最高峰、中国卓球スーパーリーグが、先日、終了した模様。

日本からは、平野美宇が、参加していると聞いていたが、その後、どうなったのか、以下、ちょっとだけ調べてみた。

中国卓球スーパーリーグ参加 平野美宇 戦跡など

卓球の女子ワールドカップ(毎年開催。世界卓球とは違う。)のシングルスで初優勝した平野美宇(16=エリートアカデミー)であるが、中国では、そう簡単には勝たせてもらえないようである。

第一ステージ?が終わったところで、戦跡は3勝7敗。「なんだ。そんなもんか。」と思うかもしれないが、以下の対戦相手を見ると、並みいる世界ランカー相手に、むしろ善戦していると言っていいだろう。しかも、弱冠、16歳でだ。

以下、その戦績である。(WRは当時のもの)


第1ラウンド 2-3 木 子(八一)
第2ラウンド 3-1 车晓曦(山西)
第3ラウンド 0-3 陳 夢(深圳大学/WR )
第4ラウンド    出番無し
第5ラウンド 0-3 丁 寧(北京首钢/WR1)
第6ラウンド 2-3 朱雨玲(山东鲁能/WR4)
第7ラウンド 0-3 劉詩文(安心百分百/WR3) 3-0 冯亚兰(安心百分百)
第8ラウンド 3-0 郭艳(四川)
第9ラウンド 0-3 王曼昱(長白山銀行)
第10ラウンド 1-3 胡丽梅(八一)
第11ラウンド    出番無し

ちなみに、彼女が所属するオルドス(鄂尔多斯)1980チームは、3勝8枚で、10チーム中7位のところにいる。
オルドス(鄂尔多斯)といえば、オルドスカシミアで有名であるが、内モンゴル自治区で、北京から西へ五百キロも離れている場所になる。卓球のプレッシャーだけでも大変なのに、中国で、よくやっていると思う。

関係ないが、地元深圳大学も参加している。陳夢や中国期待の16歳、孫颖莎などが在籍している。また、北京オリンピック金の馬琳(マーリン)が総監督をしており、広東省全体を統括しているようだ。
2016年中国卓球スーパーリーグで、深圳大学俱乐部チーム、第五位に- 深セン大学ニュース

まあ、それはいいとして、以下、一試合だけ。

対 朱雨玲(山东鲁能/WR4)


2016 卓球 中国スーパーリーグ 朱雨玲 vs 平野美宇 第6ラウンド – YouTube
中国語。最初の2―3分、映像と解説が、かみ合ってない。

最後は、ビデオが途中で切れているのかと思ったが、そうではな、く5セット目は、7点先取したほうが勝ちというルールになっているようだ。ちょっと意味不明であるが、はっきりいって、卓球の五点なんて誤差の範囲内であるから、最後は、運の要素も大きいということだろう。サッカーのPK戦に近い感覚なのかもしれない。

この日の平野は、ミスが少なく、かなり球が走っている印象。朱雨玲もかなり球速が早いので、この二人がやると、自然と、早い打点での台に近いところでの打ち合いとなる。また、二人とも闘志を前面に出すようなタイプではないので、たんたんと高速ラリーが続く。

しかし、この平野美宇という子は、表情が、ほとんど変わらないので、何を考えているのか、わからないようなところがあるが、そこが逆に面白い。なかなかの大物である。一方の朱雨玲も中国の次世代選手であるだけに、東京オリンピックで、この二人が、メダル争いを繰り広げている可能性は十分にあるといってもいいだろう。


実力もさることながら、そのルックスについても、中国で注目されているようだ。卓球アイドル?としての素質も抜群である。

平野美宇吧_百度贴吧

中国卓球スーパーリーグとは? その概要


さて、中国卓球スーパーリーグ(中国乒乓球俱乐部超级联赛)であるが、もちろん卓球の世界最高峰のリーグで、男女10チームずつ参加、1ステージ、10ラウンドの総当り方式で、順位を決める。
チーム名は、そのクラブが存在する省や市の名称とスポンサー名がつくのが一般的である。例えば、丁寧選手が属するチームは「北京首钢乒乓球俱乐部」だが、「北京」にあって「首钢」という鉄鋼会社がスポンサーであるということを示している。
超級は、野球でいえばメジャーリーグに相当し、超級リーグの下には、甲Aから、甲B、甲C、甲D、乙Aの順に、下部リーグが存在する。中国は卓球人口が多く、それだけ裾野が広いということなんだろう。
実は意外にも、超級リーグが設立したのは最近のことで、2000年になってからである。というのも、中国は社会主義で、国家の選手育成システムという確固としたシステムがあった為、選手が自由にプロ活動ができなかったということがあるからだ。しかし、1994年、当時トップの李冨栄が「双軌制」という概念を打ち出し、代表チームに所属しつつも、プロリーグが開催されている時は、クラブチームとして自由に参加できるようにして以来、今のプロリーグのシステムができたようである。

まあ、そういう経緯は別として、以下が主催者側のサイトのようだ。
http://cttsl.sports.cn/
乒超 – 中国乒乓球俱乐部超级联赛官方网站

項目は、以下の通り。

  • 首页(トップページ)
  • 视频(動画)
  • 直播(生放送)
  • 赛程比分(試合結果)
  • 新闻中心(ニュースセンター)
  • 俱乐部排名(クラブランキング)
  • 个人排名(個人ランキング)
  • 球队球员(各クラブチームのメンバー紹介)
  • 图片(写真)

試合結果(赛程比分)

表の見方は、大体わかるかと思うが、以下すこしだけ、補足。

主队:ホーム
比分:ゲームカウント
客队:ビジター
比赛场馆:試合会場
日期:日程
比赛状态:試合状態(「結束」は終了の意味)

クラブランキング(俱乐部排名) 最終結果

クラブチームのランキングを一覧にしてみた。

男子

順位 クラブ名 試合数 累積ポイント 主な選手
1 山东魏桥•向尚运动 18 17 1 35 馬龍・林高远
2 八一•大商俱乐部 18 14 4 32 樊振东
3 霸州海润俱乐部 18 11 7 29
4 上海中星乒乓球俱乐部 18 11 7 29 许昕
5 山东鲁能乒乓球俱乐部 18 11 7 29 方博
6 深圳宝安明金海俱乐部 18 8 10 26 朱世赫
7 江苏中超电缆•利永 18 6 12 24
8 天津豪安体育俱乐部 18 6 12 24
9 安徽朗坤乒乓球俱乐部 18 5 13 23
10 四川长虹佑康俱乐部 18 1 17 19

女子
平野美宇の鄂尔多斯1980は第八位。深圳大学は第五位と健闘している。

順位 クラブ名 試合数 累積ポイント 主な選手
1 山东鲁能乒乓球俱乐部 18 14 4 32 朱雨玲
2 安心百分百乒乓球俱乐部 18 13 5 31 刘诗雯
3 山东齐鲁交通 18 12 6 30
4 八一京博控股俱乐部 18 12 6 30 木子
5 深圳大学俱乐部 18 11 7 29 陈梦、孙颖莎
6 北京首钢乒乓球俱乐部 18 10 8 28 丁寧
7 长白山农商银行 18 8 10 26 王曼昱、徐孝元
8 鄂尔多斯1980 18 5 13 23 平野美宇、冯天薇
9 山西大土河华理 18 5 13 23
10 四川穹窿先锋乒乓俱乐部 18 0 18 18

個人ランキング(个人排名)

 世界ランクは、2017年6月のもの

男子

順位 氏名 世界ランク 所属クラブ 累積ポイント
1 樊振东 2 八一·大商俱乐部 25 3 326.369
2 梁靖崑 41 霸州海润俱乐部 26 9 311.062
3 馬龍 1 山东魏桥·向尚运动 22 4 304.763
4 许昕 3 上海中星乒乓球俱乐部 25 7 297.286
5 方博 11 山东鲁能乒乓球俱乐部 18 10 259.5
6 林高远 29 山东魏桥·向尚运动 24 6 235.875
7 闫安 14 山东魏桥·向尚运动 9 11 200.993
8 周雨 33 八一·大商俱乐部 20 10 199.598
9 尚坤 51 上海中星乒乓球俱乐部 19 15 189.375
10 张超 山东鲁能乒乓球俱乐部 15 12 184.25

女子
平野美宇は、個人ランキング31位。丁寧ですら7位。

順位 氏名 世界ランク 所属クラブ 累積ポイント
1 朱雨玲 3 山东鲁能乒乓球俱乐部 34 3 376
2 刘诗雯 2 安心百分百乒乓球俱乐部 28 8 317.234
3 陈梦 5 深圳大学俱乐部 21 9 299
4 木子 14 八一京博控股俱乐部 24 9 295.066
5 武杨 11 山东齐鲁交通 21 8 269.954
6 丁寧 1 北京首钢乒乓球俱乐部 18 11 249.618
7 王曼昱 43 长白山农商银行 22 10 248.5
8 車晓曦 山西大土河华理 16 13 207.125
9 盛丹丹 北京首钢乒乓球俱乐部 16 10 201.536
10 冯亚兰 安心百分百乒乓球俱乐部 18 12 184.275
31 平野美宇 8 鄂尔多斯1980 3 8 74.7

2017年中国卓球超級リーグの行方  日本人選手の参戦はあるか?

2017年度の中国卓球超級リーグであるが、石川佳純が参戦するというような話もでてきているらしい。石川は、2012年に、一度、参戦の計画があったが、当時の中国の反日デモの影響で取りやめになったという経緯がある。(ただ、甲Àには参戦経験あり)
今更感はあるが、それでも参戦しないよりはいいと思う。平野がきっかけを掴んだように、何かをつかめるかもしれない。石川は、中国選手を苦手にしており、なかなか勝てないようであるが、球のスピード、回転などが、中国人選手にとっては、ちょうど打ちごろなのだろう。卓球が少し真面目すぎるような感じがしないでもない。

ただ、中国での人気もどんどん上がっているので、そのネームバリューからすれば、中国の超級チームにとっても、受け入れる余地は十分あると思うが。

卓球 その他の記事

世界卓球2017 中国の養狼計画と平野美宇 2017年6月12日
2017年世界卓球。今回、個人的な注目は、やはり平野美宇対中国女子。アジア大会で、平野美宇に三連敗を喫した中国女子が巻き返しを図るか。勢いに乗る平野が、アジア大会の再現をはたすのか?
日本式ペンホルダーは死んだのか? 2017年6月27日
シェークハンド全盛の今日。絶滅寸前となりつつあるペンホルダー卓球。ペンホルダーは、時代遅れなのか?アテネ五輪金メダル、ユスンミンのプレーを通して、ペンホルダー卓球の可能性を探っていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA